CardinalChain, Inc.

プリンシパルエンジニア、柏木の挑戦

「このままでは埋もれてしまう」 新しい挑戦を探すため、ベンチャーへ

柏木孝之 柏木孝之 以前の職場でも、エンジニアとして、ネット証券の取引システムや、スマホアプリの開発などをしていましたが、「こうなりたい!」という明確なビジョンを持って仕事をしているわけではありませんでした。がむしゃらに働くというより、エンジニアとして目の前の仕事をコツコツとこなす自分のほうがイメージしやすかったんです。とはいえ、漠然とした焦りもありました。
このままでは埋もれてしまう…自身の視野も狭く、今のままではダメだなと感じるもう一方の自分がいて、もやもやした気持ちを打破するがごとく、新しい挑戦を探していました。そうしたときに、カージナルチェインの日本法人を立ち上げないかという話をいただいたのです。

自分自身の求めていたものがここにはある 
強烈なインパクトを持ったエンジニアたちとの出会い

柏木孝之 柏木孝之 自分自身は、これまでのキャリアとして、金融システム開発保守の経験や知識に加え、プレイングマネージャーとして技術と管理の両面を担当できる、いっぱしのエンジニアとして、それなりの経験やスキルもあると思っていました。ところが、カージナルチェインのメンバーとの出会いはそれまでに会った誰よりも強烈なインパクトがありました。厳しい世界で生き抜いてきた人物揃いで、彼らが発する「エンジニア魂」に、大きな刺激を受けると同時に、自分自身の求めていたものがここにはあると強く感じたのです。
当時、自分の求めていたものは2点。一つは「将来性のあるスタートアップ企業」、もう一つは、「Fintech業界」です。カージナルチェインでは、すでに大きなプロジェクトが動いており、将来性も予感でき、海外の優れたメンバーと一緒に働くことは、技術面での成長ができると感じました。
仮想通貨やグローバルなどの刺激的な環境が満載のカージナルチェイン。不安よりも期待が上回り、最初の面接に行ったその場で入社を決意しました。

ストイックなまでのエンジニアとしての姿勢、
クライアントへの強い想い。今、この仲間と一緒に働けることが面白い

柏木孝之 柏木孝之 入社してはじめに強烈に感じたのは、メンバーのストイックなまでのエンジニアとしての姿勢。プロダクトの高い完成度に甘んじず、プロダクトをよりよくしていこうという意識が高い。全員がどうすればよりよいシステムになるのかを同じ方向で考えています。
今のクライアントは日本の企業なので、私がまずシステムの課題を把握し、海外拠点の開発チームに共有。そこからものすごいスピード感で、課題を根本的に解決するための機能がリリースされる。そこにあるのは目先の課題解決ではなく、プロダクトを通じてクライアントの事業が本当に成功してほしいという強い想い。自分も判断に悩んだ時は「それはクライアントのためになることなのか?」を自問自答するようにしています。
クライアントの課題を解決し、価値を提供し続けるために、機能の追加や運用面でも次々に新しい体制を構築していく。今、この仲間と一緒に働くことができて、面白い。
次はカナダ法人の立ち上げ、充実している毎日です。

"ブレない" カージナルチェインが成長し続けている理由はそこにある

柏木孝之 柏木孝之 私が考えるエンジニアとは、ただシステムをつくるではなく、クライアントが抱える課題に対して価値を提案・提供すること。ここを意識しているのは、今も前職も一緒です。だからまずは、クライアントの課題を把握し、それぞれに必要なロードマップに沿って提案することを常に意識しています。
カージナルチェインに入社してからはクライアントとのつながりをより意識するようになりました。クライアントは自社のサービスに、命・人生をかけている。当たり前ですが、わたしたちはそこに本気で向き合っていかないといけません。わたしたちのシステムはクライアントの課題に対して自信をもって提案できるプロダクトです。打ち合わせの時、驚きや喜びの声を直接いただけるとエンジニアをやっていて本当によかったなと思いますね。
日本中、そして世界中の人にカージナルチェインを知ってもらい価値を提供していくために、自分もカージナルチェインも成長して次のフェーズに進んでいかなければいけません。
今は、スタートアップの状況で今後の事業展開を考えると様々なタイプのメンバーが必要です。そのため、どのような経歴の方でもいい。仮想通貨やFintechに興味があり挑戦したい方であれば、ぜひ一度お会いしたいと思います。
今、エンジニアとして、たぶん人生に1度遭遇できるであろう自分の技術を使って、世の中を変えられる大きな波が目の前にあります。わたしたちは、技術を駆使し、商取引における歴史的な転換に貢献し、人々の生活を豊かにする改革の一翼を担いたいと願っています。この軸がブレずにいるのが、カージナルチェインが成長し続けている理由です。
カージナルチェインで、一緒に成長していきましょう。